沿革

昭和21年 1月 英田郡美作町楢原にて診療所開設
沿革
三水会 創始者
田尻 保
昭和7年第六高等学校、昭和11年岡山医科大学(現:岡山大学医学部)卒業後、岡山市榊原病院勤務。岡山医大三宅外科専攻生を経て、田尻病院理事長に就任。「綿ふき病」の発見者であり、同病は発見者の名をとって「田尻病」とも云われる。「昭和63年日本医事新報(綿ふき病始末記)参照」ブリタニカ国際大百科辞典にも掲載されている。
昭和26年 2月 英田郡美作町明見に診療所移転
昭和34年12月 医療法人三水会を設立
昭和40年 5月 43床の病院を設立
昭和47年 4月 60床に増床
昭和47年11月 特定医療法人指定
昭和50年11月 救急指定病院となる
昭和58年 5月 84床に増床
平成 2年11月 基準看護認定
平成 5年10月 基準看護特1類(I)認可
平成 7年 4月 新看護3:1(A)6:1
平成 9年 9月 老人病棟入管(供(35床)
平成11年10月 居宅介護支援事業者 介護相談センターぽぷら 許可
平成12年 1月 療養型病棟新設(完全型)
平成12年 2月 療養病棟入管()(40床)一般病棟2.5:1(B)10:1(49床)89床に増床
平成12年 7月 療養病棟入院基本料4(40床)入院基本料2 2.5(A)10:1(49床)89床
平成12年12月 理学療法(掘傍可
平成13年 6月 理学療法(供傍可
平成14年 4月 言語聴覚療法(供傍可
平成15年 1月 一般病棟(50床)療養病棟6床増床(55床)で105床に増床
平成15年 6月 作業療法(供傍可
平成16年 7月 屋内禁煙実施施設に認定(平成21年8月更新認定)
平成17年12月 継続雇用制度を導入、60歳定年・65歳までの継続雇用が可能となりました。
平成18年 4月 理学療法(機傍可
平成19年10月 防火優良認定施設に認定される
平成20年 4月 院内保育施設「ゆりかご」定員10名を開設
平成20年 6月 岡山県の「おかやま子育て応援宣言企業」に登録され継続中です。
平成20年 6月 一般事業主行動計画を策定し岡山労働局へ登録され継続中です。
平成20年11月 一般病棟入院基本料10:1
平成23年10月 通所リハビリテーション(短時間型)を開始しました。
平成24年10月 訪問看護ステーション田尻 開設

 

▲ TOP